検索

自己実現理論(Maslow's hierarchy of needs)

自己実現理論とは、アメリカの心理学者マズローが、「人間は自己実現に向かって絶えず成長する」と仮定し、人間の欲求を5段階の階層で理論化したものを指します。


自己実現理論は、人は低位の欲求がある一定水準以上満たされると、1つ上の階層の欲求が生まれ、最上位の自己実現への欲求に向かって絶えず成長していく存在であることを理論化したものです。







欠乏欲求とは、欠乏が自覚されて欲求が生まれ、それが満たされることで次の段階に進むことを指します。

成長欲求とは、欠乏ではない状態で生まれる欲求で、ただ自分らしく、ありのままで存在し、他者を助けたいという欲求を指します。

20代ビジネスパーソンなら

知っておきたい単語集

石堂株式会社 〒105-6027 東京都港区虎ノ門4丁目3番1号 城山トラストタワー27階

contact@ishido-inc.com

どうする.png