​CEO MESSAGE
20代の成長を支えることが、10年後の世界を変える
CEO  石堂里佳

お金よりも大切なもの

 学生の頃は、皆一様に試験があり、決められたものさしの中で過ごしますが、社会に出ると、会社の違いや所属部署の違いにより、昇進や昇給スピードの差が歴然となり焦りにつながることがしばしばあります。人生はさまざまで、自分の意に反して立ち止まることを余儀なくされることもありますし、平等にチャンスが与えられるとは限らないともいえます。社会人になってはじめて、そのような現実に気づかされるものです。

 しかし、「お金」よりなにより「時間」の大切さに早いうちから気づくよう、心がけるべきではないでしょうか。「今」という時間は「今」しかなく、過ぎてしまったらもう二度と取り戻すことはできません。今、行動するかしないかで、自分の未来が変わるともいえると思うのです。

 当社は法人設立の前からこれまでの間に、実に多くの20代の声に耳を傾けながら、会社組織の実態を把握するようになりました。今や先読みできない不透明な経済状況の中で、企業戦略にはフレキシブルさが求められます。このため、頻繁に打つ手を変える企業があるのも経営戦略では当然ともいえます。

 しかし、こうした会社の経営戦略の変化に、中間管理職は会社が決めたことだから「仕方ない」「やるしかない」と、頭ごなしの指導をする上司も散見されるようになりました。とくに、経験が浅い若手は、命令されると反発するものです。子ども時代に、親から「勉強しなさい」と言われた瞬間にやる気を削がれた経験は、誰もが一度はあるのではないでしょうか。これは、会社においても同様で、「なぜそうするのか?」とその理由が理解できないと若手社員は行動に移せないものです。

 こうした言動は、40代に多く見られ、20代の成長機会を奪う結果にもなり、離職率に歯止めが利かない原因になっているともいえます。あくまでもこれは、氷山の一角ですが、今、若手社員の心になにが起きているのか気がつかない、残念な40代が多くいるように見られてなりません。

残念な40代にならないために

自ら変わろうとする20代を

 わたしたちの思いは、決して40代の批判ではありません。型にはまった世代論をしようという意図でもありません。

 とくに、20代の若手社員の方々に訴えたいこととして、会社に対する不平不満を募らせ、愚痴をこぼす時間さえ、もったいない時間であることに気づいて欲しいと思っています。そうしたネガティブな時間は、パフォーマンスを下げるばかりでなく、自分自身のためにもなりません。不満を募らせて転職を繰り返しても、結局なにも変わりはしません

 それよりも、今いる環境をもっと活かして、自分自身を高める工夫ができるはずです。明日からの言動ひとつ、行動ひとつ、考え方ひとつで、明るい方角へと舵は切れるのです。20代のうちから、自らの意識を変えると、世界を変えることができることに気づいて欲しいと願っています。わたしは、このことを自ら証明するために起業という道を選び、多くの若者に勇気とエールを送るためにメンタリング事業会社を設立しました。