労働環境に課題を抱える企業における

定着率向上プロジェクト

待遇面で優遇されずらい実情がある、国内アパレル系会社の組織体制において、戦略分析、調査、費用対効果の見直し、新人社員への教育を実行することで、定着率向上を実現させた例

プロジェクト背景

国内有数のアパレル系会社は、若手社員の離職によるコスト削減のために、あらゆる施策、解決策を講じていました。この企業は以前より離職率に悩まされ、様々な施策に大金を投じて試行錯誤していましたが、今回は、次世代が主となる組織改革ができるパートナーを望んでいました。石堂CEOは、これまでのパートナーとは異なる「若手人材の活躍」に重きを置き、かつ少ないながらも確実に実績を残している点をアピールし、パートナー企業の提携が決まりました。

取り組み内容

ISHIDOチームは、まず、定着を阻害している要因、離職に関わる費用対効果、採用・研修チームの動き、企業ビジョンを十分に把握するため、若手人材を中心とする社内に対し一連のデプスインタビューを行いました(Black Box)。さらに、20代若手人材から得た大量のデータを活用して、クライアント企業が運用している社内施策を分析し、今回のプロジェクトの目的である若手人材の定着度向上を主とした組織改革に必要な行動計画を作成しました。その後、離職が止まらない若手層に対し、自律型(外的要因に左右されず、自己実現を果たしていく人材)思考の定着を図るため、個人研修に着手しました。

今いる若手人材だけではなく、次世代人材が活躍できる組織体制を創造するために必要なポイントを正確に把握した結果、諸制度の多くが形骸化しており、現場の社員の疲弊に繋がっていることを示しているというのがチームの主張でした。

プロジェクト成果

クライアント企業は、ISHIDOの提案に沿って行動計画を実行に移し、短期間で、若手人材からのフィードバック評価をクリアしました。また、メンターワークアウトの対象となった入社3年目の2019年度の定着率は、例年と比べ10%の削減に成功しました。さらにクライアント企業は、若手人材の自律型思考の定着を評価し、彼らに新規事業や採用を中心として実施させる次世代成長支援の取り組みを成長基盤に位置付けています。

関連課題別・ニーズ別グループ